上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
加古川線に遅れる事3年、大正5年に播州鉄道の手によって厄神~別所関が開業したのが三木線のはじまりです。その後、播丹鉄道に経営が移ったのち、昭和18年に国有化、国鉄末期の昭和60年に、地元の三木市・兵庫県などが出資して、第三セクターの「三木鉄道」に移管されました。

平成17年4月で開業20周年を迎えましたが、慢性的な赤字の上、平成18年1月の三木市長選挙で、財政再建の一環として「三木鉄道廃止」をかかげた市長さんが当選した為、一気に「路線廃止」の話が持ち上がり、平成20年3月31日に廃止になりました。

●厄神駅●国包駅 ●宗佐駅●下石野駅
●石野駅●西這田駅 ●別所駅●高木駅
●三木駅
スポンサーサイト
2037.12.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。