上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
四国の土佐くろしお鉄道同様、生まれも育ちも全く違う二路線を所有する会社です。ただ現在では両線を直通する列車も増え、JR線からの特急列車の乗り入れもありますが、相変わらず第三セクターの中では最大の赤字を抱えています。

宮福線

1988年7月16日に開業した路線です。明治、大正期から福知山~宮津間の鉄道は敷設運動があり、大正時代には北丹鉄道が途中の河守まで開業ましたが、結局直通の夢は70年近く経った平成の世の中になりました。開業当初は非電化でしたが、1993年に宮津線天橋立までの電化が開業、京都・大阪から直通の特急電車が乗り入れるようになり「北近畿ビッグXネットワーク」の一遍を担うようになりました。宮津駅から記していますが、時刻表上の起点駅は福知山駅です。

●宮津駅●宮村駅 ●喜多駅●辛皮駅
●大江山口内宮駅●二俣駅●大江高校前駅●大江駅
●公庄駅●下天津駅●牧駅●荒河かしの木台駅
●厚中問屋駅 ●福知山駅


宮津線

1924年に西舞鶴~宮津間が開業したことが始まりです。京都府内で最後まで蒸気機関車が走っていたほどのローカル線でもあり、最後まで残った特定地方交通線でもあります。国鉄時代には大阪、京都、名古屋、金沢から直通急行が走ったこともありました。一時は優等列車が殆どなくなった時期もありましたが、現在では自社製のディーゼル特急等により、時刻表上は昔の賑わいを取り戻しています。

●西舞鶴駅●四所駅 ●東雲駅●丹後神崎駅
●丹後由良駅●栗田駅●宮津駅●天橋立駅
●岩滝口駅●野田川駅●丹後大宮駅●峰山駅
●網野駅 ●木津温泉駅●丹後神野駅●甲山駅
●久美浜駅●但馬三江駅●豊岡駅
スポンサーサイト
2037.12.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。