上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
▲三木鉄道の駅INDEX
←高木駅 隣の駅 神戸電鉄 三木駅→

撮影日:2006年3月5日

兵庫県三木市福井2丁目にある駅。三木鉄道唯一の有人駅になっています。駅構内には車庫、駅敷地内には三木鉄道の本社社屋があります。

P1030192.jpg

P1030195.jpg
立派な木造駅舎。若干逆光気味なのがちょっと残念。駅入口。立派な「車寄せ」になっています。

P1030194.jpg

P1030196.jpg
小荷物扱い所だったのでしょうか。小さな屋根が残っています。「重厚」としか言い様がない屋根瓦。

P1030197.jpg

P1030213.jpg
自動販売機の陰になっていますが、建物財産標がありました。全通よりも先に駅舎が出来ていたようです。駅舎正面の駅名表示。

P1030198.jpg

P1030214.jpg
駅舎内。一体何十年前の様子なのか、と見間違うほど「レトロ」な雰囲気になっています。窓口の窓枠等も全て木製です。

P1030201.jpg

P1030202.jpg
待合室。天井からぶら下がっているのが、無骨な蛍光灯と言うのがなんとも残念。 改札口をホーム側から。

P1030210.jpg

P1030209.jpg
改札口の横には、重々しい木製の扉があります。恐らく手小荷物扱所の跡と思われますが、現在では内部は机と椅子が並べられ、会議室のようになっています。ホームから見る駅舎。

P1030220.jpg

P1030224.jpg
デザイン、書体共に三木鉄道オリジナルと思われる駅名表示。ホームは一面二線になっています。通常は右側、1番線ホームを使用しています。

P1030205.jpg

P1030222.jpg
ホーム端から厄神駅方面を見る。2番線ホームの車止め。

P1030204.jpg

P1030203.jpg
さらにホーム端によって、駅構内全景。一番奥に、工場の本屋があります。出て来たディーゼルカーはこの後、この先にある洗浄線に向かいます。

P1030223.jpg

P1030208.jpg
洗浄線にて車体洗浄中。全て手作業です。構内の外れにあった、保線用の車両。どうやって本線にのせるのでしょうか。

P1030217.jpg

P1030193.jpg
工場の建物を駅構内外から。駅舎の厄神寄りには、貨物ホームの跡を利用して、自転車置き場が設けられています。残念ながら建物財産標は見つかりませんでした。明

P1030215.jpg

P1030227.jpg
駅舎向かって左側にあるこの小さな建物が「三木鉄道株式会社本社」です。小さい会社ながらも、立派な一枚板の看板があります。

P1030216.jpg

P1030218.jpg
その続き、というか、駅舎の続きですが、これも貨物ホームの流用でしょうか、木製の大きな屋根があります。駐車場に転用されています。その駐車場の屋根を外から。
スポンサーサイト
2013.01.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。