上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
旧国鉄引き継ぎ、延伸開業、新規開業と、生い立ちの全く違う3路線を所有する珍しい「第三セクター」です。生い立ちは違うものの、両線とも接続するJR土讃線とのつながりも深く、中村・宿毛線は特急列車が、阿佐線は普通列車と快速列車が乗り入れます。JR四国と同規格の特急用車両「2000系」も4両所有していますが、JR車両の運用に完全に組み込まれているので、なかなか見つけるのは大変です。

中村・宿毛線

1963年に 中村線窪川~土佐佐賀間を手始めとして開通した、旧国鉄中村線~JR四国中村線が、1988年4月1日に土佐くろしお鉄道中村線として移管開業したのが始まりです。そののち、日本鉄道建設公団建設線を引き継いだ形の「宿毛線」が1997年10月1日に開業し、現在に至ります。

●窪川駅●若井駅 ◎川奥信号場●荷稲駅
●伊与喜駅●土佐佐賀駅 ●佐賀公園駅●土佐白浜駅
●有井川駅●土佐上川口駅 ●海の王迎駅●浮鞭駅
●土佐入野駅●西大方駅 ●古津賀駅●中村駅
●具同駅●国見駅 ●有岡駅●工業団地駅
●平田駅●東宿毛駅 ●宿毛駅

阿佐線

旧国鉄「阿佐線」として、室戸岬を経由して、東側の牟岐線とつなぐ計画があったため、阿佐海岸鉄道の路線名と同じ「阿佐」を名乗っています。

ほぼ同ルートを走る土佐電気鉄道安芸線を昭和49年にしてまで建設されたものの、結局工事は昭和55年11月に成立した「国鉄再建法」のおかげで中止。それを土佐くろしお鉄道が引き受け、2002年7月1日に奈半利駅まで開業しました。正式名称は「阿佐線」ですが、市販の時刻表の表記等、一般には愛称の「ごめん・なはり線」が多く使用されています。後免駅からの表記になっていますが、路線は奈半利駅発が「くだり」になります。

●後免駅●後免町駅 ●立田駅●のいち駅
●よしかわ駅●あかおか駅 ●香我美駅●夜須駅
●西分駅●和食駅 ●赤野駅●穴内駅
●球場前駅●安芸駅 ●伊尾木駅●下山駅
●唐浜駅●安田駅 ●田野駅●奈半利駅


スポンサーサイト
2037.12.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。